6月号 KAKUYASU NAVI

お店のサポーターやファンを増やすプロモーションとは。「共感を得る」「日本のお酒」

ウィズコロナ時代となったいま、飲食店様のプロモーションにもこの変化への対応や見直しが必要となっているようです。たとえば「共感」というキーワード。この時代だからこそ、皆様の思いやメッセージを込めてお客様へアピールするのはいかがでしょうか。1つは、食材との相性や、産地をお伝えしやすい「日本のお酒」

国産クラフトジン

特に国産クラフトジンは、前年比140%の注目カテゴリー。産地のボタニカルをお伝えし、飲食店様でしか味わえない特別感を演出します。

※カクヤス売上本数実績

国産クラフトジン特集ページではより詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。


日本酒で生産者応援!

日本酒は生産者応援として繋げやすいアイテムです。これからの時期、旬の食材と合わせる冷酒としてもおすすめです。

カクヤスでは様々な種類、容量の日本酒を取り扱いしております。ごく一例をご紹介いたします。

日本ワインで生産者応援!

法改定でますます「日本ワイン」が注目を集めています。


需要増えています!「オーガニックワイン」「ヴィーガンワイン」

「オーガニックワイン」とは・・・

化学肥料や農薬を使用しない農法で栽培したブドウで造られたワインのことを言います。一つの明確な規定があるのではなく、国や団体によって認証の基準は変わってきます。 ですが、自然の力でブドウ本来の果実味を引き出されているので、美味しさには定評があります。

他にも「女性のお客様への訴求」「健康への意識に対する訴求」、最近ですと「地球環境に配慮した消費ができる」などが選ばれるポイントにもなっています。EUをはじめ世界各国には認証機関が多くありそれぞれ 認証マーク が違います。

「ヴィーガンワイン」とは・・・

ワイン造りのプロセスにおいて動物性食品を一切使用せずに作られたワインで認証機関の認証を得たものです。具体的には澄んだワインにするために、浮遊物やオリを取り除く際に使う動物由来の成分「清澄剤」を使わず、鉱物由来の粘土や、珪藻土をつかったり、あるいは清澄(コラージュ)しないワインのこと。現時点での国内環境においてはオーガニックワインと同様に「健康への意識に対する訴求」「お客様の個人の考え方への配慮」という観点でお問い合わせが増えています。


ドメーヌ・カズ/カノン・デュ・マレシャル

フランス最大のビオディナミ実践ワイナリー! 豊富な受賞歴を持つ、国際的な評価の高いドメーヌ

化学肥料や農薬を使わない有機農法に加え、天体の動きや自然界のリズムを考慮して農作業を行い、土壌やブドウ本来の魅力を引き出す農法『ビオディナミ』を、周囲に先駆けて1997年から実践。


ベル・フルール オーガニック

「ドメーヌ・カズ」プロデュースのオーガニックワイン!お求めやすい価格帯です。


メスタ

マスター・オブ・ワイン「サム・ハロップ氏」が造る、 品質にこだわったリーズナブルなオーガニックワイン


コロンバ・ビアンカ/ヴィテッセ

イタリア著名ワインガイド「ルカ・マローニ」満点獲得ワイナリー

テロワールを忠実に再現し、凝縮感とアロマの明快さを持つワインを生み出す家族経営のワイナリー。土着品種とイタリア マルケ州のテロワールを生かした約50年にわたるオーガニック農法と最新の技術。


知っておくと便利!認証マークの説明

AB(Agriculture Biologique・アグリカルチャー・ビオロジック)

AB(Agriculture Biologique・アグリカルチャー・ビオロジック)

フランス政府が1981年に指針を制定。ABでは、NPK肥料と硝酸アンモニウム肥料や除草剤、真菌感染症の場合の殺菌剤、昆虫に対する殺虫剤などの化学農薬、遺伝子組み換え作物(GMO)の使用を禁止しています。

フランス
ECOCERT(エコサート)

ECOCERT(エコサート)

1991年に設立された、欧州最大の有機栽培認証機関です。畑の土壌の維持は、化学除草剤、化学肥料は全く使用せず有機肥料を使い、収穫は全て手づみでおこないます。5年以上有機農法を続けて初めて認められる厳格な規定で、毎年おこなわれる厳しい試験に合格しなくてはなりません。

フランス
V-Label

V-Label

1996年に登録された国際的に認知されている認証ラベルで欧州で最も一般的に使用されています。商品の内容によってマークの下に「ヴィーガン」もしくは「ベジタリアン」と記載されています。

スイス
Bioagricert(ビオアクリサート)

Bioagricert(ビオアクリサート)

2002年にイタリア農業食料森林省から許可を受けた有機認証機関。ヨーロッパ以外へのオーガニック文化のプロモーションを行ったイタリアで最初の有機認証機関でもあります。

イタリア

ポイントはオペレーションの簡略化

このコロナ禍において従業員・スタッフの人数を減らして運営しているお店様も多いかと思います。そうした中で「オペレーションが簡単なドリンク」は作業負担を減らす大きなポイントの一つになります。

また、「感染症対策がされているか」気にされているお客様も多くいらっしゃる中、そのままご提供できると言う面でも安心・安全ポイントが高いです。このタイミングにこそ、お客様からの認知度も高く、カンタンに提供ができる「ZIMA(ジーマ)」の導入はいかがですか?夏にぴったりのラムネテイストも新登場!

さらに今ならお得なキャンペーンも開催中!!お見逃しなく!

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。
  • 20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
  • 20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。
  • 販売場の名称及び所在地:株式会社カクヤス
    東京都北区豊島2-2-8 本社第三ビル
  • 酒類販売管理者の氏名:豊田 秋喜
  • 酒類販売管理研修受講年月日:2021年05月20日
  • 次回研修の受講期限:2024年05月19日
  • 研修実施団体名:(一社)日本ボランタリーチェーン協会